こっそりさん18 / 誰よりも真っ先に、自分自身を幸せにしてあげないといけない

こっそりさん 達人
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

466 名前: 463 投稿日: 2010/10/08(金) 02:01:01 abwYxFqcO

>>nEh0nueg0さん

自愛するとありのままの自分で何も問題がない、ってことですよね。

不安になったり、心配する必要がない。

自愛してると「大丈夫だよ。このままでいいんだ」って言葉が出てくる。

それは完璧ってことだ。

自愛とは

「自分に対して一切の否定をしない」

「全ての自分をそれでいいと認める」って感じかなと思ってます。

分離が錯覚だってこのことなんですね。

468 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/10/08(金) 02:15:14 ID:nEh0nueg0

>>466さん

そうです。在る事に条件はないからです。

つまりそれだけで完璧であり、全ては一つという事です。

その価値はどんな条件に於いても揺らいだり消えたりしません。

自愛とはそれに気が付く切っ掛けになります。

分離はそれを忘れてしまった状態であり、錯覚であるといえますね。

467 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/10/08(金) 02:14:27 .GrpfOo2O

>>461

どうもありがとう。

願望実現のために…の思考というより、

私の場合、幼い頃から周囲を許すために繰り返してきた思考の癖を、手放したいんです。

辛かったから。

思考に囚われてるのはわかる。

私は108さんとかがおっしゃってるような思想、先に「思想」として知ってしまったんですよ。

引き寄せとかその他諸々の、源流になっている水脈が連綿とありますよね。

それを、先に知識として受け入れてしまった。地に足がついていないんです。

何かを悪者に…というのは、私の思考ではなくて、実際に私が受け止めた彼女の思考でした。

一度話し合ったんです。あまりにも「その発想はなかったw」ということを言われたので、

それを受け止めきるのは辛かったです。

私はそういう発想は持ってないです。

別に私が悪者にならなくても彼女は幸せになれるから、私が悪者になることが引き替えだ、

とかとは思わない。でも、そうやって幸せになろうとしている彼女も受け止めたいんです。

私は彼女のこと好きなので。仲良くなりたかったし。でもそれをやると傷つく。

彼女も傷つくのかな。てか、傷ついてたからこその反応だったのはわかるけど。

同じ彼が好きな二人の女の子が嫉妬していがみ合うのはそんなに自然なことなんでしょうか。

私は周囲にそうやって見られるのが辛かった。

みんなで幸せになりたかった。今距離を置いて願っていることもそのことです。

気持ちの良い仲間になりたい。

私に反感持ってる人、みな私の好きな人たちなんです。彼だけじゃなくて。

なんかね、どう思われても受け止めて傷つかないでいられるだけの、強さが欲しいんです。

現実を歪めて見ないでも、幸せでいられるだけの。

難しいな。

470 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/10/08(金) 02:58:51 ID:nEh0nueg0

>>467さん

ちょっと自愛形式じゃないですが大丈夫ですか?

まず、周囲の為に…というのは分かります。

ですが最も気に掛けないといけない人をまるで無視の如く軽視しています。

それは貴方自身です。

詳しい状況などを知らない僕が書くのはあれですが

自分自身を無碍に扱っていませんか。気持ちを押し殺していませんか?

周りにも一緒に幸せになって欲しい、と思うのは素晴らしい事です!

…でもそれで自分が傷付くのならば本末転倒です。

誰よりも真っ先に、自分自身を幸せにしてあげないといけないんです。

逆にそれ以外の方法で他者を幸せにする事は出来ません。

現実が歪んでいるのではないんです。

寧ろ現実を歪めて見てしまっているのは、その姿勢なんです。

若しも周りの幸せが本当の願いだ、というのならばそもそも強さは必要ありません。

何故ならその時点で貴方は本当に心から幸せを感じているはずだからです。

この不足のループを切れるのは自分だけです。

チケットのような”思想”を知識として知っていようが関係ありません。

ただ、それを使うかどうか、その意図に掛かっています。

このまま不足のループを採用したいのか、充足を見るのか、です。

その貴方の優しさを少しだけでも自分に向けてあげて下さい。

十分愛されるに値する存在だからです。

その上で自分がどうありたいのか、を選択して下さい。

その際に周りの現実や状況は関係ありません、純粋な選択です。

他人の意向だって無関係です、選択して下さい。

タイトルとURLをコピーしました