108さん185/恐れというのは、もの凄いパワーでその対象を引き寄せてしまいます。

この記事は約7分で読めます。
PR

恐れというのは、もの凄いパワーでその対象を引き寄せてしまいます。

 

111 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 02:09:24 ID:gjUNIC050

108さん、質問があります。
多くの人は「引き寄せの法則」を望む世界の構築の為にマスターと考えるのですが、
自分としては、ネガティブを引き寄せをしないことに一番主眼があります。

(自ブログで取り上げるのもある事件が発端です。
「引き寄せ」とか「思考が実現」が本当なのかを実検証してるつもりですが、
流石にネガを思考してまで引き寄せ実験する勇気はなく、クレクレ族やってますw)

相場格言でも、
「大きく儲けようとするは破滅への道、損を少なくするよう振舞うは富者への道」
のようなことを言いますからね。

今回、リアルで初っ端からネガな体験しましたが(爆)、
このネガ自体、自分では意図していないものです。
逆に、108さんにリアルで接すれると感情はルンルン。

普通、こういう場合は「引き寄せの法則」では、
いいもん引き寄せるはずなのですが、そうではありませんでした(爆)。
日常生活では、皆さんこのようなことは多く体験してるかと思います。

こういう自分が意図しないものが、実現化(現象化)してしまうことについて
108さんはどうお考えでしょうか。これも自作自演でしょうか?
あと、ネガを引き寄せない対処法について何かアドバイスがあればお願いします。

717 :108 ◆90KoxUVipw :2008/09/29(月) 03:36:20 ID:OZYExPLI0

>>111(ヤッズさん:ゾロ目凄い!)
> こういう自分が意図しないものが、実現化(現象化)してしまうことについて
> 108さんはどうお考えでしょうか。これも自作自演でしょうか?

本当のところは、意図しないものが現象化していることはないと思います。
その意味では、やはり自作自演に過ぎないのだと思います。
ただ、通常の認識の範囲内では「意図しているとは意識されていない」
ネガティブも現象化されてしまうので、困るわけです。

「オイオイ、こんなもの全く意図してないよ!」
という事態になって、我々は大変まごつくわけです。それを、

「あなたが意識していないだけで、本当は意図していたのだ」
とか言われても、全く納得できませんよね。

「自分は望んでなくても、ハイヤーセルフが望んで起こしていることなのか?」
なんて、勘ぐりたくもなるわけですw
それに、無意識に意図が働いているのだとしたら、
そもそも意図ってなんだよ!って話になります。

718 :108 ◆90KoxUVipw :2008/09/29(月) 03:38:30 ID:OZYExPLI0

(つづき)

でも我々は、実は絶えず「無意識に」意図を働かせています。
チケットでも書いたように「歩く」とか「水を飲みに行く」とかです。
こんな時「歩くことを意図しよう」とか、わざわざ思わないわけです。

これと同じようなことが、ネガティブな現象化においても起きているのです。
しかし果たして、どこかどう作用してその意図が働いているのか、
意識の上では把握することが困難であるため、まるで
「降りかかった災難」のような捉え方しかできないことになります。

しかし、それが「起きている」ということは、
自分の中で、なんらかのメカニズムが働いているわけです。

引き寄せ的に解釈すれば、
「そのメカニズムを自分にとって望ましい方向で作用させればいい」
ということになります。
では、そのためにはどうしたら…ということになりますが、

> ネガティブを引き寄せをしないことに一番主眼があります。

ここは、結構デカい落とし穴だと思います。
ヤッズさんがある事件を発端に、ネガティブな引き寄せをしないことを決意した。
これ自体は特に問題ないと思います。しかし、そのあと

「ネガティブな引き寄せはしないぞ」
こう考える度、ネガティブの成立条件に焦点が当たってしまいます。
意識する度に、焦点が当たっているのです。
この願望設定だと、条件から「ネガティブ」が外せないため、
どうしてもネガティブに照準が合ってしまいます。

エイブラハムが言うように「それは嫌だ!NO!」というのは
「それです!YES!」といっているのと同じ事なのです。

719 :108 ◆90KoxUVipw :2008/09/29(月) 03:40:48 ID:OZYExPLI0

(つづき)

「ネガティブな現実は嫌だ!」
この願望自体、ネガティブな現象化に対する「恐れ」から生じたものです。
恐れというのは、もの凄いパワーでその対象を引き寄せてしまいます。
強力な感情を伴って、対象に焦点を合わせてしまうからです。

それに何かにワクワクしていたとしても、それが即現象化してくるわけではありません。
同時に、無意識の深い部分ではネガティブにも焦点を合わせているため、
それらは混在して、あなたの現実に「現象化」として現れてきます。
これが「何故思うように現象化しないのだろう?」と感じるメカニズムです。

ネガティブな現象化を取り消すためには、ネガティブについて全く考えないことです。

でも、これは難しいと思います。
日常で「これはネガティブだ」と感じる現象は常に起きていますし、
無反応でいようとしても、心ではそれより早く反応してしまっています。
それに「ネガティブなことについて考えない」という前提自体、
ネガティブを意識してしまう構造になっています。

こないだのレスで、「悪いことが起きなくなっている」という方に、
「それはハードルが高いことですよ」と言ったのは、こういう事です。

だから、まずはネガティブな現象に対する恐怖心を取り除くことです。
誰でも意外にそうですが、ポジティブなことよりネガティブの方が、
感情の伴い方がより強力です。

そのため内部では、ネガティブの方がより力を持った「上位概念」となってしまっています。
ここをまず、ひっくり返す必要があります。

720 :108 ◆90KoxUVipw :2008/09/29(月) 03:43:06 ID:OZYExPLI0

(つづき)

今現在、何か気に病んでいることがあったら、その事を思ってみます。
あるいは、つい最近、ネガティブだと思える体験をしたときのことを思い出します。
すると、体に感情という形で何らの反応が表れます。

それをじっと感じてみます。逃げないで、見つめるのです。
反応が現れた体の部分を、軽くトントン叩いてみるのも良いです。
それらの反応を、敢えて増幅しようとは思わないで、
そのままの形で、ただ感じていてください。

こうしているとき、その反応に集中しています。
そして、エネルギーとして単に解放しているのです。

通常我々は、ネガティブな反応からは目を背けて逃げてしまいますが、
それは単純に「NO!」と言いながら、ただ抑圧しているだけなのです。

エイブラハムの引き寄せ理論に沿って考えると、
「ネガティブに注目するのは矛盾している」と感じるかもしれません。
それは、思考を向ける対象のことについて言っているのであって、
「既に溜め込んでいる恐怖心について保留しなさい」
と言っているのではないのです。

上記の方法やセドナメソッド、EFTなど、自分に合ったやり方で、
内部にある「ネガティブに対する恐怖心」に向き合ってみてください。
だんだんと、ネガティブに与えていた力が効力を失ってきます。

「ネガティブな現象?ああ、別に起きたって、どうってことないよ」

こんな風に感じ方が変わってきます。
目の前では依然、ネガティブな現象化が起きていたとしても、
そのことに「ネガティブ」とは、あまり感じなくなります。
それと連動して、ネガティブな現象化が起きる頻度は劇的に減少していきます。

722 :108 ◆90KoxUVipw :2008/09/29(月) 03:46:27 ID:OZYExPLI0

(つづき)

最初からネガティブを感じなくて済めば、それに越したことはありません。
しかし我々は長い人生経験を通して、そうなるよう条件付けられてしまっています。
結果ネガティブに対する恐怖心は、貯まりに貯まって、
膨大なエネルギーになってしまっている「かのように」見えます。

でも本当のところは、それらは錯覚です。
内部で作り上げただけの、実体のないものなのです。
だから、まずはそれらの恐怖心と向き合って、一つ一つ解体していくことです。

そうすれば連鎖的に解体がどんどん進み、それに伴って、
もはやそういったネガティブな現象化は起きてこなくなります。
それは、恐怖心でもってわざわざ支えていた観念が取り消されたからです。

これが「ネガティブを引き寄せない」最も確実な対処法です。
根本原因と向き合ってそれを取り除けば、それは起こりようがなくなるのです。

ヤッズさんが素晴らしい問題提起をしてくださったので、
今回このことについて、かなり詳しく書くことが出来ました。
ありがとうございました。また何かあれば、遠慮なく質問してください。

タイトルとURLをコピーしました