阿頼耶識とは何か

認識の変更
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

バキュさんのいう阿頼耶識とは何のことなのか

仏教では心は8つあると考えられています。
  • 眼識(げんしき)
  • 耳識(にしき)
  • 鼻識(びしき)
  • 舌識(ぜっしき)
  • 身識(しんしき)
  • 意識(いしき)
  • 末那識(まなしき)
  • 阿頼耶識(あらやしき)

8つの心のうち最も深いところにあり、重要なのが「阿頼耶識」。

7番目の「末那識(まなしき)」というのは、阿頼耶識についてまわって常に執着させる悪い心です。

私たちは、果てしない遠い過去から、生まれ変わり死に変わり、生死を繰り返してきたと仏教では教えられています

阿頼耶識の役割とは

「阿頼耶」はサンスクリット語の「アラヤ」で、日本語にすると「」を意味します。ではその蔵に何が保管されているのかというと、それは「カルマ」です。

「カルマ」とは「業(行い)」のことです。

心で思ったことは「意業(いごう)」
口で言ったことは「口業(くごう)」
身体で行ったことは「身業(しんごう)」

それらの行いが、蔵である阿頼耶識に収められていくのです。業には物凄い力があって、運命をも変えていくのです。良い行いをすれば幸せな運命を、悪い行いをすれば不幸や災難を生み出します。

人によって阿頼耶識に収められている業が異なるため、私たちは普段、他の人と同じものを見ているようでいて、まったく違う世界を見ているのです。

阿頼耶識はそんなふうに、肉体が生まれるずっと前から、また肉体が滅びても、滅びることなく続いていきます。

タイトルとURLをコピーしました