108さん101/別の領域というのは、特別なものではありません。それは単に、エゴから離れた状態ということです。

この記事は約4分で読めます。
PR

別の領域というのは、特別なものではありません。それは単に、エゴから離れた状態ということです。

 

19 :前々スレ269:2008/06/25(水) 15:22:48 ID:nCjbJQSN0

108さん、望んでいる現実と実際の現実が違うというか、今まで信じていたことが
ガラリと変わってしまう体験ってどういうことなのかと思ったんです

まさかこの人が○○だったなんて
この会社入ったら絶対に幸せになると思っていたのに違った

ということなんです
それまでは全く疑っていなかったのですが、やはり心の奥底ではこういう驚愕の事態が
起こるような観念があったということですか?
全く疑っていなかったらそんな現実普通は知覚しないですよね?

933 :108 ◆90KoxUVipw :2008/07/09(水) 03:23:57 ID:ZI6QepjV0

ご無沙汰でした~。

>>19
> 望んでいる現実と実際の現実が違うというか、今まで信じていたことが
> ガラリと変わってしまう体験ってどういうことなのかと思ったんです

> まさかこの人が○○だったなんて
> この会社入ったら絶対に幸せになると思っていたのに違った

> それまでは全く疑っていなかったのですが、
> やはり心の奥底ではこういう驚愕の事態が起こるような観念があったということですか?

敢えて多めに引用させてもらいました。
現実によって、ある種の期待が裏切られるということは、
その期待は、あなたの思いこみに過ぎなかったということです。

その事態を起こしたのは、ご指摘通りあなたの中の観念です。
たとえ、表面上は全く疑いを抱いていなかったとしてもです。

> 全く疑っていなかったらそんな現実普通は知覚しないですよね?

意識の上でどうであるかということと、現象化にはあまり関係がありません。
あなたがその現実を知覚したということは、それに対応する部分を、
あなたが内面で保持していたということです。

その部分は通常意識上に現れてこないため、現象化が起きてビックリ!
ということが良くあるわけです。

934 :108 ◆90KoxUVipw :2008/07/09(水) 03:25:24 ID:ZI6QepjV0

この現象化は、期待を裏切られた失意の出来事ではありません。
(たとえそう見えていたとしても)その人や会社に問題があるのでもありません。
逆に、図らずも自らの内面に保持していた、(通常は認識できない)観念を
知覚できたという、喜ぶべき瞬間なのです。

レン博士が来日中ということで肖った訳ではありませんが、ホ・オポノポノのアプローチが
参考になると思います。つまり、それらの出来事を「機会」として捉えるわけです。
あなたはその出来事によって、癒すべき自分のパートを知覚できたわけですから、
そのお陰で、今度はそれを癒していくことが可能になるわけです。

出来事はサインです。それは、

「あなたの中に、癒やすべき部分がありますよ」

という、願ってもないお知らせなのです。
それを、あなたの気に入った方法で癒してください。
ホ・オポノポノ、EFT、ザ・チケットのクレンジングメソッド、何でも構いません。
気に入った方法を試してみてください。



100 :本当にあった怖い名無し:2008/06/26(木) 14:45:20 ID:8+TY6MUo0

108さん、ご教授下さい。
別の領域を感じようとすると、体全体で暖かいものを抱えているような感覚があります。(実感として)
また心がポジでもなく、ネガでもない平らかな湖のような心境となります。(数分間ですが)

ただ、たまにその後に体が少しだるく、熱が出てきているような感覚になることがあります。
これはエゴと別の領域との摩擦のようなものでしょうか?
また、上記(1~3行目)ような感覚が別の領域というものに近い感覚なのでしょうか?

935 :108 ◆90KoxUVipw :2008/07/09(水) 03:27:05 ID:ZI6QepjV0

>>100
別の領域というのは、特別なものではありません。
それは単に、エゴから離れた状態ということです。

暖かいというのは、良い感覚ですね。
でも、そのとき心身にどのような反応があるかというのは、人それぞれです。
際だった反応が現れる場合もあれば、特に変化がない場合もあります。

深い瞑想に入りやすい人や、感受性が豊かな人は、肉体的な反応が顕著に現れることもあると思います。
これらは別の領域の属性というよりは、その人のものの感じ方や、それを感じるための
「実行方法」において生じる現象です。

ただ、いずれにしても安楽な状態であることは共通しています。

肉体的反応があまりに顕著なときは、無理をしていないか確かめてください。
それが不快な状態であるようなら、楽に出来ないか工夫してみてください。
あと、あまり「この状態を維持しよう!」と思わないことをお勧めします。
お風呂に気持ちいい状態で浸かっているときに、

「この状態を頑張って維持しよう!」
とか思わないですよねw そんな感覚でやってみてください。

特に瞑想等をしなくても、そちらに意識を向けるだけでも効果は充分にあります。
瞑想等で深く浸りたい場合は、自然に行えるように工夫してみてください。
努力や無理は一切不要です。

タイトルとURLをコピーしました