こっそりさん23 / 時間そのものも、私たちの意識によって現象化したとは考えられないでしょうか?

こっそりさん 達人
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

383 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/09(火) 22:06:42 EtlbEhm60

晩酌のサカナに、ちょっとした仮説を書いてみるw

時間ってあるのだろうか・・・・ ・ ・  ・?

チケット板でよく語られる、過去も未来もなく今現在のみがあるという話ではない。

時間そのものが自明の前提としてあるのだろうかという問いだ。

私は時間そのものを疑ってかかっています。今この一瞬ですら、

今でないものを今として私たちが現象化させたものではないかと!

順をおって説明します。

チケット、シークレット、エイブラハム、引き寄せの法則、波動の法則など。

十把一絡げにまとめるのは乱暴ですが、パラダイム転換の主張と読めます。

モノは存在するから認識するのではなく、真実は逆だというのが共通骨子だと思います。

認識することによってコトが現象化する。すべては観念の通りに物事は展開している。

もっと突き詰めていうと、モノと認識との関係は、一対一の対応関係ではなく、

多対一のマトリックス変換の対応であるということにつながっていくのですが。

それで、時間についてですが、過去スレをはじめ直結ブログでも

私たちは直線的な過去→現在→未来という直線的時間観を放棄してきました。

ですが『時間そのものが存在する』ということは疑ってこなかったのではないでしょうか。

今この一瞬しかないと主張する人も、過去と未来は想像にすぎないと喝破されても、

今この一瞬という『時間の存在自体』に疑いのまなざしを向けられたことは恐らくないと思います。

直結ブログの第4章で「この世界には結果しかない」と108さんが主張されたときも、

「今に過去も未来もすべてがあるのだから当然」という反応をされた方も多いと思いますが、

これも時間の存在自体は肯定しているわけです。

だけど、引き寄せの仕組みからするとおかしくないでしょうか。

ありとあらゆる目に見えるもの、これらが認識や観念によって現象化しているのなら、

時間そのものも、私たちの意識によって現象化したとは考えられないでしょうか?

時間は、私たちを包み込む絶対自明の容器として存在するのではなく、

時間を超えたモノ(マトリックスの根源であり時間の概念ではとらえられない何か)が

現象化のシステムにかかわって時間として現れているのではないかという可能性が、

引き寄せのシステムから考えると、単純にでてくると思います。

あ。上に書いたことを真にうけないでくださいね。

そういうことも考えられるよってことです。酒のサカナですw

454 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/10(水) 18:52:17 ID:nEh0nueg0

>>383さん

今更ながら面白い御話ですね!(←遅い

確かにいまこの瞬間という”時間”があるじゃないか、となりますね。

ただ実は言葉による説明の限界でこうなったんじゃないのかなーと思ってしまう節もあるんです。

いまこの瞬間って多分”時間”を表しているのではないんだと思います。

意識、生命が感じている永遠ですね。

どんな瞬間にも”ある”(←あんまり適切じゃないですが)という意識であり認識です。

つまりよくいう”今この瞬間”というのは一般的解釈される時間的な意味の”今”ではなくて

全ての存在に普遍的に介在する意識の次元(←更に適切じゃないw)を

指しているのではないかなーと思います。

なのでクレさんの仰っている時間の定義をはっきりさせる必要がある

というのには非常に同意です。

余談ですが…

>>49を書いた次の日に

「ホログラフィック世界関連の実験ニュースがあるよ!」

と何故か普通の知り合いから突然教えられて(そんな会話した事ないので)

凄く驚いた記憶がありますw

こっそり

http://wiredvision.jp/news/201011/2010110423.html

しかも内容が感じたものと非常に酷似していて

あの時に見た平面的な世界は強ち間違っていなかったのかなー

とちょっとだけ思いました。

という馬鹿みたいな余談ですみませんでした…orz

461 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/10(水) 19:57:04 AZMMD3eg0

>>454

現在=永遠、なんでしょうね。

永遠とは無時間性の謂である、と思います。

その永遠を認識によって再構成されたものが時間であると。

それが>>383 さんのおっしゃっている意味なのかなー、と思いました。

ID:nEh0nueg0さんの書くことは、本当に一字一句、しっくりくるなぁー。

なのにいつだかは反発しちゃって、ごめんなさいでした。

ところで、>>449さんに対するnEh0nueg0さんと信頼さんのレス、びみょーに違うような気が

108さんは再配達来たらありがとう言って中身確認しようね、って言ってたと思います。

491 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/11(木) 02:08:20 ID:nEh0nueg0

>>461さん

そうですね、永遠というと無限の時間を考えてしまいがちですが

無時間性の謂というのは非常に的を射ていると思います。

やっぱり時間の根本の定義に相違があったみたいですねorz

確かに若干ニュアンスの差がありますね。

ゴミ箱に入れる前にちゃんと配達物の中身は確認しておいて下さい。

もしかしたら神様からのプレゼントかもしれませんw

487 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/11(木) 00:15:23 EtlbEhm60

>>454

私も短時間しか覗けない人だからお気になさらずに!

えーとね。>>383で言おうとしていることは今という時間はあるんです。

ただし、客観的に外から与えられる絶対的存在ではないということです。

例えていうと色みたいなものです。

この画面を見ていられたら、ブルー色の背景にブラックの文字、

アイコンなどには黄色や赤や緑などがあるかもしれません。

だけど、むかーしに中学校の教科書でたぶん読まれたと思うのですがw、

ブルーと赤の違いは何かというと、単なる波長の違いでしかないわけです。

私たちの目には関知できうる波長の幅があって、目で関知した波長も、

幅のある波長は赤、幅の短い波長は青と、脳内で勝手に変換しているだけです。

赤や青というモノが実在しているわけではありません。

それと同じようなことが時間にもいえるかもしれないというのが、

昨日かいた>>383のアイデアなわけです。

余談ありがとう。ホログラフィックの証明はおもしろいです。

491 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/11(木) 02:08:20 ID:nEh0nueg0

>>487さん

やっぱり僕が受け取っていた時間の意味と異なっていたみたいですorz

そうですね、脳というのは物凄く御都合主義なので

時間も綺麗に辻褄を合わせてそう見せているのかも知れません。

という事はそれを逆手に取れば…

タイトルとURLをコピーしました