isa氏ー16/7章何の為に読み返すのw?未だに叶える為に、と答える人が何人かいるだろう。染み付いていて笑えるだろ。

この記事は約4分で読めます。
PR

981 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 10:21:01 ID:5sooUlU20

ネガしまくってこんなんじゃダメだよな~と思った場合でも叶うのは何故?
不足に焦点を当てているのに叶う場合があるのは何故?

 

986 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 11:03:48 ID:0ICjGWIo0

叶ったり叶わなかったりだろ。

LOAの上にどの法則をおいて適用させているかに尽きる。

7章は願望=実現の法則だよ。

 

983 :923 :2010/09/28(火) 10:41:20 ID:32Dzs6mE0

 

>寿司食べてるのにいつになったら食べれるのか!と怒ったり泣いたりしている人がいたら、君はどうする?

馬鹿じゃないの?と思いますね。


自分を自分と相手の子供だと思い愛する、というのは物凄く腑に落ちました。
私も「~したら叶う」という言葉に逃げていたのかもしれません。

 

実際それで叶った良いこともありますが、今回のように嫌な予感、勘、はそれ以上に叶います。
それが怖いから必死で蓋をしてあらゆる本を読んで自分を酔わせていたんですね…
ここまで叶ってない現実が現れるのは、叶う為に必死でなにかしていたという事なんですね。

 

何もしないで叶うならここまで苦労しない!という自分も出てきたのですが、それは結局「苦労=叶える為にしてきたこと」なんですかね。だからしんどかった。

でも叶った状態で(例えば彼の妻になったつもりで)過ごすのは、これも「叶える為にしてる事」?そこに期待や不安もなかった場合は?

 

985 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 11:01:55 ID:0ICjGWIo0

>でも叶った状態で(例えば彼の妻になったつもりで)過ごすのは、これも「叶える為にしている事」?そこに期待や不安もなかった場合は?


そうなった時はその質問自体出てこないよ。実践してみ!


寿司食べながらその質問自体出てこないだろ?

食べながら、寿司食べたいという期待も不安もなかったら?と言っている人がいたら、お前口に何入れてんだよと突っ込むだろ?

 

984 :923 :2010/09/28(火) 10:57:36 ID:32Dzs6mE0

「何もしなくても叶う」をインプットさせればいいのでしょうか。
ずっと「~したら叶う、叶える為には~」と思い込んでいたから。
でもそれって結局「叶えたいからインプットさせる」ということ?あー頭が混乱してきました…

 

987 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 11:06:45 ID:0ICjGWIo0

それ自体何もしなくても叶うって信用してないからインプットしようとするんだろ。

 

信用するならばもうインプットされているんだよ。それを認めて終わりだ。

でも叶ってない(部分)を探して(“何もしなくても叶うというルール”を)解除するんだろ。解除するなと言ってんの。

混乱する前にとことん自愛してみ。
私もチケットp207-211あたりを読んでいるよ。特にp211の最後2行。

 

996 :983 :2010/09/28(火) 12:03:18 ID:32Dzs6mE0

あっ、そうか…そうですよね。「既にあるもの」を疑ったりしないですもんね。


彼の妻になったつもりで過ごしていたけど今回こうなったのは、どこかに「叶ってない」という不安があったからですね。何度も同じこと言ってますが;


インプットしたならそこで終了。PCと同じですね。もうデータは入ってるわけだから。
何となく理解できてきました。

私も久しぶりにじっくり読んでみます。p211の最後2行、その通りですね!

 

997 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 12:17:22 ID:0ICjGWIo0

そもそも「つもり」じゃないんだよ。

つもりで叶う場合もあるが、それは直結でもクレシフトでもない。つまり7章じゃないんだよ。


君も焦るな。 7章何の為に読み返すのw?
未だに叶える為に、と答える人が何人かいるだろう。染み付いていて笑えるだろ。

 

9 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 13:46:48 ID:CUBbV0Dc0

叶えるために自愛って自愛を完璧にしないと叶わないってことで、叶わなかったら自愛が足りないからだってことになるよね??

 

10 :もぎりの名無しさん:2010/09/28(火) 14:18:14 ID:0ICjGWIo0

自愛はただ自分のためにするんだよ。

 

タイトルとURLをコピーしました