詭弁さん 達人


詭弁氏-37/手放すことを諦めれば、それが手放しになる。あとは普通に暮らせばいいよ

投稿日:

549 :詭弁:2014/01/07(火) 15:17:13 ID:2Qlj61VQ0

お久しぶり。あけましておめでとう~。
さて、みんな、何かを必死に叶えたいと思っているみたいだけど、
その根底にある自分の思いとは何なのだろうね。

どうしてそこまで内面や観念が及ぼすメカニズムについて、
理詰めに考えてしまうのだろうか。
既にあるを理解しなければならないのだろうか。
認識を変更しなければならないのだろうか。
なぜ常に快でなければならないのだろうか。

あなた方が何らかを達成するため、義務感により突き動かされているのならば、
あなた方の根底にある思いは「ない」から「叶えたい」であり、「不足と恐れ」だ。
それは見事に世界に顕現している。

あなた方がその立ち位置にいる限り、願望と実現の狭間、
認識や理解の狭間で、あるとないを繰り返し、留まることはない。
それを真に理解すれば、潜在意識を活用して願望を叶えるという
発想自体が極めて馬鹿らしいことに気づく。

潜在意識を活用して願望を叶えるということは
「潜在意識を活用しなければならないほど切羽詰まっている」という
あなた方自身の気持ちが根底にあるからだ。

確かに、叶うと確信できれば叶うかもしれないが、それは
「万策尽きた」という認識ですがるべき「叶えるために残された魔法」ではない。
あなた方が「魔法」にすがらなければならないほどの認識であるならば、
現実はそのように振る舞う。「魔法」にすがらざるをえない状況を作り出す。

そして、これを読んで、何かに気づき、何かを変えようとし、何かを維持しようとするかもしれないが…

それだよ。
その「ない」から「叶えたい」という思いこそが、あなた方の根底にあるものだ。
その反応に気づいていけば、理屈を理解しようとか、叶えようとか、極めてどうでもいいとわかる。
「ない」から「叶えたい」という思いすら、どうでも良いものとわかる。

結果、全的な手放しとして生きることになるわけ。

554 :幸せな名無しさん:2014/01/07(火) 17:58:20 ID:N33tJu9g0

詭弁さん
あけましておめでとうございます!!
私も上記の方と同じく彼の視線が私の視線、になってる535です。
不思議でなんだろうとただ単純に知りたかっただけですが
まぁ、そんなことは考えなくてよろしいというお話ですよね。

それで、詭弁さんのおっしゃるとおりなんですよ。
だけど、手放しが諦めになると予感してしまううちはどーしても、
詭弁さんの言う徹底してやる方法をするしかないっていう選択をするしかなく、
その徹底で脳が書き換えられたときに自然に手放しできるかな、と思ってしまうのです。
今の不足が湧く状態で手放すのは諦め、でしょう?

562 :詭弁:2014/01/07(火) 19:06:58 ID:rg9QlWrw0

>>554
いや、諦めも手放しも一緒。
叶えるための「魔法」として捉えるから
言葉のニュアンスや考え方に正解とか間違いが出てくるわけでしょう。

558 :幸せな名無しさん:2014/01/07(火) 18:43:26 ID:GrT1Pvrw0

>>554
上記の者です、横レスになっちゃうんですが…私もこの前同じ思いをしたのでレスをしてしまいました。

手放しが諦めになるというのは、エゴの嘘です。
私は手放してしまいました。

あー、もう駄目なのか…。

って感じで。
でも全然そんなこと無かったです。
その思いを味わって感じきったら、やっぱり彼の事は好きな気持ちだけが残りました。
沸々と心から好きだなぁ、みたいな純粋な気持ちが沸き上がってきました。

これで分かったのは「ない」思いは嘘なんですよ。
だからそれを手放してしまうと「ある」が自然に見えてきますよー。

567 :554:2014/01/07(火) 19:58:50 ID:N33tJu9g0

>>558さん
ありがとうございます。
なるほど。そうかもしれません。私もいまそこで無理して抵抗してた。諦めかけなんです。
愛は変わらずあるのに見えなくなってる。そのこと自体が不安というか。。
感じ切ってしまおうかな。ありがとう。

詭弁さん、レスありがとうございます!
詭弁さんのレスは読んできてるので、、おっしゃってるのはこういうことですか?

①引き寄せの法則=クロカヨさん
②既にある直結=なる

①は遠回りして②に辿り着くだけ。
どちらもゴールは同じ。

ということですかー?!

573 :詭弁:2014/01/07(火) 22:03:02 ID:fWcn2yiY0

>>567
クロカヨさんは引き寄せを作為的に使ったわけじゃない。
クロカヨさんは自分の中で叶えて、その結果として現象がくっついてきただけ。
当時の彼女にとっては現象なんて、ただのおまけだったんだよ。あってもなくても構わないもの。
彼女だってオブラートには包んでたけど、現象化を諦めろと言ってたんだよ。

ゴールは同じというかさ、②の立場であれば現象化はゴールにしていない。

①の立場であれば、あなたが走り続けるならゴールには辿り着かないよ。
潜在意識は物質的なものではないんだから、走ってりゃいつか必ず辿り着けるもんでもないよ。

終わりがわからないまま走り続けても終わらないでしょ。終わり(ゴール)を決めるのはあなた。

574 :567:2014/01/07(火) 23:00:55 ID:LqHWWi8s0

詭弁さん
あっ違うんです。
ゴールは現実化ではなく、①のゴールは②かな、と。②は②です。

クロカヨさんも、自分が楽しいからやっていただけで
結局は②の位置にいますよね。もっと先かな。

詭弁さん、私は諦めましたよ。降参!です。笑
昔から恋愛叶えまくってきたわたし。最終ゴールはすでに過ぎていたんです。
平凡な毎日をやり過ごせる自信がないせいで、認めたくなかったんだと思います。
さて、明日からどう生きよう?笑
詭弁さんありがとう!

579 :詭弁:2014/01/08(水) 01:35:44 ID:j2NK7xNI0

>>574
書き方が悪かったが、本当は①だろうが②だろうがもっと先だろうがそんなの関係ないし、
どこがスタートで、どこがゴールとかはないんだよ。どっちが偉いとか凄いとかもない。
そこに差を見出してしまうのが、自我の特徴だ。
私とあなたとクロカヨさんにも本来別に認識に優劣があるわけでもないけど、
「ない」という基準があるから優劣が生まれるんだ。

ま、難しいことはいいから、あとは普通に暮らせばいいよ。寝て起きてご飯食べて。
趣味や、やりたいことも、あればいいけど、別に何もしなくてもいいんだよ。
趣味や、やりたいことは義務ではないからね。
コタツで餅食いながら一日中ダラダラしてたって、構わないんだ笑

563 :幸せな名無しさん:2014/01/07(火) 19:14:13 ID:xOLsaEoE0

質問なのですが、自分の話で申し訳ないのですが、自分は今、1ヶ月後に車検を控えていて、
初めての車検なので費用やどういった手順でするのかなど色々な不安があります。
これをポジティブに意味付けするのと同時にどうしてこのような反応が出てくるのか探ってみたりします。
すると、「車検を受ける」「車検を受けない」という選択がありますが、勿論車に乗りたいので受けるつもりです。

しかし、次にお金の問題が絡んできます。
「お金がないけど受ける」「お金がないけど、なんとかなる」
既にある視点で言えば「お金は無数にあるんだから受けちゃえ」など様々な選択肢がありますが、
ワクワクに従うと、今現在はお金がないけど絶対受けることになります。

しかし、お金の問題に蓋をしてしまっている気がして、選択をした時点で
どちらかがないがしろにされてる気がしてならないのです。
再配達という言葉もあり、蓋をしてしまっているのではないかと不安になります。

「既にある」は「今自分がどう在りたいか」ということだと認識していて、
在り方を選択したらその在り方で現実が展開していくことだと認識しています。
isaさんもおっしゃってた通り、「既にある」が満足をもたらしてるならそれは
自然と自愛という言葉は選択した時点でどちらかがないがしろにされていても、
その選択した在り方に満足してワクワクしていれば蓋になり得ないのでしょうか?よろしくお願いいたします

565 :幸せな名無しさん:2014/01/07(火) 19:26:23 ID:TmXXkU.w0

>>563
既にあるは既にあるですよ。
あなたが今リアルに感じているのは「お金がない」ですよね。完全に蓋してますよ。ないもんはない。

571 :幸せな名無しさん:2014/01/07(火) 21:26:32 ID:xOLsaEoE0

>>565
今日ラジオ聞いていて、消音にしたら、
「聞こえなくてもラジオの音って在るじゃん」と思ったのですが、これとはちがうのでしょうか?
説明しにくいですが、お金がないと認識してるのは間違いで、
在るが前提だからないと言う錯覚がおこってるのだとわかります。

しかし、蓋というのがよくわかりません。
目の前にお金がないのに、「いや、俺は金持ちなんだ!金持ちなんだ!」と言ってるのは
完全に蓋だとわかりますが、全てが在ると認識した上でも、「ない」という不足を感じますよね?
しかし、それは錯覚だとわかってる?と言われると自信がないのですが、もし全てが在るならと考え、
「いや、あるじゃん」と考えるのも蓋になるのでしょうか?

そうなると、頭で理解できないことを「既にある」としてると、全てが蓋になってしまうような気がします。
それとも、「既にある」が府に落ちるとそうとしか考えられないのでしょうか?
中にはもし「既にある」が本当だとしたら…と仮定して実現してる方もいらっしゃると思うのですが…
そこら辺がよくわかりません

579 :詭弁:2014/01/08(水) 01:35:44 ID:j2NK7xNI0

>>571らへん
自我は「ない」から「叶えたい」という発想しかできない(AからBへ)。
それが現象だろうが、内面だろうが、同じ。
AとBの現象や内面に優劣がつくということは、「ない」から「叶えたい」からなんだよ。
願望が全て叶っていれば(=願望がなければ)内面や認識に優劣などないでしょう。

「蓋」と「そうでないもの」という区別も、「ない」から「叶えたい」からこそ、気になるんだ。
叶ってないし、叶えたいからこそ、あらゆることが気になって気になって仕方がないんだよ。

じゃあ、どうすればいいのか?

どうしようもないんだよ。自我は「ない」から「叶えたい」という思いは、手放せない。
自我目線で既にあるとか言っても、そんなの全部「蓋」なんだ。
「ない」からそんなことやってんでしょ?
「ない」から蓋とそうでないものの区別をはっきりさせたいんでしょ?

本当に既にあるものに対して、あなた方はいちいち「それらは既にある」となんか思ってないだろ?
それは要するに手放し状態なわけだよ。

手放すことを諦めれば、それが手放しになる。あとは普通に暮らせばいいよ。

 

関連コンテンツユニット



レク大




-詭弁さん, 達人

Copyright© 潜在意識・引き寄せ体験談まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.