画家さん–06/私が「そうです」と言えばそれを信じるでしょうか?で、もし108さんが「それは違う」と言えば却下しますか?

この記事は約6分で読めます。
PR

https://gimpo.5ch.net/test/read.cgi/occult/1222800433/

 

52 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 [sage] 投稿日: 2008/10/01(水) 20:53:36 ID:kTTJuNNT0
>>1
スレ立てありがとうございます。

画家さんのおっしゃることはよくわかります。ゆえに世界は1である。わかります。
実際に1の世界から画家さんがレスされているのなら、そのリアリティは私には計り知れないものでしょう。


しかし、私のリアリティは厄介なことに、あくまで全体としての1を知覚するのみになってしまいましたw
今ここでレスしている私は、依然10あるいは01なのです。1そのものではないというリアリティです。

1の世界と2ちゃんでレスする世界が本質的に同じであることはわかります。
また、これまでにも世界は1に違いないというリアリティは持っていました。
(“1だけの世界”という言語的解釈の方便は知りませんでしたが……)


例えば町を眺めている時に、私視点の町と、町視点の私を同時に実感し、
私と町の区別がつかなくなったことが何度かあります。そして「世界=私」だという確信に至りました。


しかし、体験自体は一時的な体験で、またそれは振り返ることができる体験です。
要するに過去として存在することができる体験です。
ところが、今私があると言っている世界は、過去として存在することの出来ない異質なものです。
この辺のニュアンスをどうかわかって頂けると嬉しいのですが……。

ちょうど良い例が思い付かないので、例えば「死」です。
人が死ぬのを目の前にして、死という現実を知ります。しかし、私は死んでいない。
私の死に対するリアリティは、実際の死と同じものでしょうか?

私は死んだのです。
目の前で人が死にゆく様を見て死を知ったのではなく、実際に死んだのです。
死んでみて、今生きていることがわかったのです。
つまり私は依然10であり、1そのものではないことを知ってしまったのです。

画家さんは既に達観し、世界を俯瞰しておられるようですが、私はそうではないようですw
私もそうだと思っていたのですが、そうではなかった。私は観ている映画を変えたいのです。
そして自由に変えられる方法を知ってしまった!!!!
……かもしれません。肝心のそこが思い出せないw依然大風呂敷ですw


71 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/01(水) 23:26:26 ID:4qdLXYVy0
>>52
55氏:
私は1としての世界を理屈として書いただけであり、氏のように実体験で把握しているわけではありません。
氏の体験は真実であるということだけは認識できます。
これ所謂、変容なのかも知れませんね。
しかし言葉にすると零れ落ちてしまう、でしょw

氏の今のありかた、と言いますか実体験を論理的にではなく、もっと感覚的にご紹介ください。
きっとみんなのヒントになります。

つまり私は依然10であり、1そのものではないことを知ってしまったのです。


と言う風に見えるという暗黙のお約束がありましてねw
“見かけ”の彼我相対世界と書いたのがそれです。
振る舞いとしての10を体験していますが、恐らく、いや、間違いなく我々は1を保っています。
保つと言うか存在の実相が1なのでしょう。
「寂しさ」はこの振る舞いとしての10から来る感情のようです。
かつ本当は1であることの証左です。


72 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/01(水) 23:36:05 ID:4qdLXYVy0
>>52
ちょっと確認。
1であるとき、反対物が存在しないでしょw


320 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/03(金) 23:57:34 ID:kdEyEz7qO
108さ、それ携帯さ、画家さん教えて!
池水に映る月を手に入れるには
どうしたら良いのでしょう?
池水の月は、幻想で、本当の実在を観るとは?


323 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 00:04:08 ID:100E40JH0
>>320
池辺に映る月が幻想だったら本物の月などどこにもありません。
掬水月在手。
水を掬すれば月 手に在り。
それがあなたの本物の月です。
幻想を幻想たらしめている者こそ実在です。

全てが幻想ならば全ては実在です。
(0=1)=1です。

325 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 00:19:24 ID:fA800OB5O
少し前からある言葉を独り言で無意識に発してしまいます。
外出時には心の中で、家の中では呟いてしまう。
つい頭の中に浮かぶんです。「高級オマ○コ」のようなもの
ではなく、「○○する」「○○するよ」と人に伝えるような感じ。
以前、顕在意識でこの「○○」について少し考えた事は
あったのですが、「いや、それにはまず・・・」
「それに関してはまだだな」という答えが出て、全く気にしては
いませんでした。しかしつい言葉にしているからか、その
「○○」に関しての情報がどんどん引き寄せられています。

これは潜在意識からの呼び掛けってやつなんでしょうか?
こうも同じワードが浮かんで繰り返すのは初めての事なので
意見を聞きたい。


326 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 00:23:42 ID:100E40JH0
>>325
単純に創造の確約(?)じゃないでしょうか?
私もよくあります。
無条件に「○○するよ」ってな感じですよね。


330 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 00:46:41 ID:fA800OB5O
>>326
>創造の解約
ググってみましたが分かりませんでした・・・
引き寄せに関してはザ・シークレット一冊の知識しかないのですが
それが実現しつつあるという解釈で良いのでしょうか。


336 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 01:03:20 ID:100E40JH0
>>330
造語ですのですみませんw


それが実現しつつあるという解釈で良いのでしょうか。


例えば私が「そうです」と言えばそれを信じるでしょうか?
で、もし108さんや携帯さんや55さんやだぜさんが「それは違う」と言えば却下しますか?


ここにポイントがあります。
イニシアティブは常にあなたにある。
実際、どんな方法でどんな結果でも「間違ってはいない」んです。
信頼とは証によっては生じません。
証による信頼は反証で崩れるでしょ?
信頼とは最初の存在に従っています。
あなたはどうでしょう?
それが実現しつつあるという解釈と決めますか?

 

334 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 00:54:30 ID:+IIT3xqp0
108さんとだぜさんはどんどん分かりやすくなってきて
画家さんと携帯さんはどんどん分かりにくくなってきた。
これがアセンションの二極化??

 

336 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/04(土) 01:03:20 ID:100E40JH0
>>334
一緒ですよ。
108さんやだぜさんが解りやすいのは表現がうまいからです。

タイトルとURLをコピーしました